全身脱毛期間中に妊娠が発覚!! 妊婦さんと胎児への影響は?

一般的に脱毛サロンでは妊娠期間・授乳期間中の脱毛施術は受けられません。これだけ聞くと脱毛時の施術の光による胎児や母乳への影響を想像してしまいます。ですが、妊娠に気がつかず施術を何回か受けてしまった…なんて話しも耳にします。

 

実際のところ、妊娠中に施術を受けたからといって、直接的な胎児・母体への影響はありません。やってしまった…という方、安心してください。

 

ですが、ほとんどの脱毛サロンでは妊娠期間・授乳期間中の施術を断られます。それはなぜかというと、妊娠中の母体はホルモンバランスが崩れており、せっかく施術をしても効果が得られないケースが多いからです。勿論、施術中に何かあったら怖いですし、母体への痛みの刺激や服を脱いで体が冷えてしまう…なんて事も考慮されてのことです。妊娠期間中は、以前よりも体毛が濃くなったりもしますので、効果が得られないのに回数を消化するのは勿体無いです。授乳期間中も同様に、ホルモンバランスが崩れている期間です。また、施術によってホルモンバランスに影響が与えられると、母乳の出が悪くなったりもしますので、これも止めておいた方が良いでしょう。

 

妊婦さんの全身脱毛が胎児に与える影響は特にありません。ですが妊娠期間は人生の中でごくごく僅かな大切な期間です。何かあってからでは取り返しがつきません。脱毛はいつでもできますよね。何が一番大切なのかを考え、少しでもリスクがあるのなら避けるに越したことはありません。

 

人気の脱毛サロン「エタラビ」の口コミはこちら